2018年7月29日(日曜日)「第33回 森林の市」が開催されました。
今年も天候に恵まれた森林の市は、約1,000名の方にご来場を頂きました。
来場された大勢の家族連れの皆様には、「親子トンカチ」や「紙すき体験」など思い思いに木について学び、楽しんで頂けたかと思います。
今回の「森林の市」では山で働く大型機械(高性能林業機械)3台を三津橋産業株式会社が持ち込み、 旭東林産協同組合に提供いただいた枝つきのトドマツ原木を実際に枝はらい・丸太切断・製材用の原木とチップ用原木に分け、チップ用原木はその場で粉削機によってチップ化するデモンストレーションを行いました。
機械が動くたびに、会場からは大きな歓声が上がっていました。
また今回の「森林の市」では7月初めに発生した西日本豪雨災害の義援金を募集し、集まったお金10,013円は日本赤十字西日本豪雨災害義援金に募金いたしました。
最後に各方面からのご協力、心から感謝申し上げます。皆様のお力添えで大変素晴らしいイベントとなりました。来年の「森林の市」も7月の最終日曜日を予定していますので、何卒よろしくお願いいたします。

紙すき体験コーナーで、和紙作りに挑戦です。 上手く作れたでしょうか。出来上がりが気になります。 削馬の体験コーナーでは、子供たちが楽しそうに木を削っています。 親子トンカチ広場は、例年以上の人気。お昼前には参加受付が終了しました。 親子トンカチの会場からは木材を切るリズミカルな音が聞こえてきます。 親子トンカチの作品たち。優れた作品には賞品が提供されます。 スティックボムの体験コーナー。木材を使ったドミノとは珍しいですね。 初の試みとなる、高性能林業機械のデモンストレーションを行いました。 枝を払った原木を、チッパー機に投入しています。 原木をチップにしています。機械が動くたびに、会場からは大きな歓声が上がりました。 よさこい。猛暑の中、素晴らしい演舞を披露して頂きました。 旭川農業高校 吹奏楽部さんの緑のコンサート。青空の下、演奏が響き渡ります。 恒例の丸太押し相撲。まずは子供たちが挑戦します。 子供たちの挑戦の後は、大人の部にて白熱した戦いが繰り広げられました。

2018年の森林の市

沢山の方にご来場いただきました。

2018年森林の市 チラシ(PDFデータ,2.6MB)

□時間 10:00~15:00

□場所 旭川林業会館 構内 旭川市永山北1条10丁目8番3号




丸太マーク2018年 第33回の様子
丸太マーク2017年 第32回の様子はこちら
丸太マーク2016年 第31回の様子はこちら
丸太マーク2015年 第30回の様子はこちら
丸太マーク2014年 第29回の様子はこちら
丸太マーク2013年 第28回の様子はこちら
旭川地方木材協会ロゴ

旭川地方木材協会
079-8451
北海道旭川市永山北1条10丁目8番3号