森林の市とは

私たちの生活と深いかかわりをもち恵みを与えてくれる森林。
その森林から生産される木材の良さを沢山の皆さんに理解を深めて頂くため、
関係機関・団体の共催により森林の市(もりのいち)を開催しています。

木に触れ・遊びながら、木のもつ優しさ・暖かさを実感し、また道産材・間伐材の利用について理解を深めて頂けるよう森林の恵みと触れ合う内容で参加・体験できるようなイベントを目指しています。

過去の森林の市

※2020年度、2021年度の森林の市は、新型コロナウイルスのため中止となりました。

2019年7月28日(日曜日)「第34回 森林の市」が開催されました。

今年も天候に恵まれた森林の市は、約800名の方にご来場を頂きました。
また、家族連れの皆様には、「親子トンカチ」や「木の卵でバードコールを作ろう」コーナーなど、思い思いに木について学び、楽しんで頂けたかと思います。
このイベントで木に触れて、見て、体験して、少しでも木材業界に興味を持つきっかけになっていただければ幸いです。
来場して頂いた沢山の皆様、ありがとうございました。
最後に各方面からのご協力、心から感謝申し上げます。
皆様のお力添えにより今年も大変素晴らしいイベントとなりました。
来年の「森林の市」も7月の最終日曜日を予定していますので、何卒よろしくお願いいたします。

画像をクリックすると拡大できます

□時間 10:00~15:00
□場所 旭川林業会館 構内 旭川市永山北1条10丁目8番3号

2018年7月29日(日曜日)「第33回 森林の市」が開催されました。

今年も天候に恵まれた森林の市は、約1,000名の方にご来場を頂きました。

来場された大勢の家族連れの皆様には、「親子トンカチ」や「紙すき体験」など思い思いに木について学び、楽しんで頂けたかと思います。
今回の「森林の市」では山で働く大型機械(高性能林業機械)3台を三津橋産業株式会社が持ち込み、
旭東林産協同組合に提供いただいた枝つきのトドマツ原木を実際に枝はらい・丸太切断・製材用の原木とチップ用原木に分け、チップ用原木はその場で粉削機によってチップ化するデモンストレーションを行いました。
機械が動くたびに、会場からは大きな歓声が上がっていました。

また今回の「森林の市」では7月初めに発生した西日本豪雨災害の義援金を募集し、集まったお金10,013円は日本赤十字西日本豪雨災害義援金に募金いたしました。

最後に各方面からのご協力、心から感謝申し上げます。皆様のお力添えで大変素晴らしいイベントとなりました。来年の「森林の市」も7月の最終日曜日を予定していますので、何卒よろしくお願いいたします

画像をクリックすると拡大できます

 

2017年7月30日(日曜日)「第32回 森林の市」が開催されました。

今年も天候に恵まれた森林の市は約1,000名の方にご来場を頂きました。 森林の市で森・木・木材に少しでも理解・興味を持っていただける機会になってもらえればと思います。
ご参加、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

画像をクリックすると拡大できます

2016年7月31日(日曜日)「第31回 森林の市」が開催されました。

今年は天候にも恵まれ沢山のかたにご来場して頂きました。 森林の市で森・木・木材に少しでも理解・興味を持っていただける機会になってもらえればと思います。
ご参加、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

画像をクリックすると拡大できます

 

2015年7月26日(日曜日)「第30回 森林の市」が開催されました。


森林の市で森・木・木材に少しでも理解・興味を持っていただける機会になってもらえればと思います。ご参加、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!