第462回 北海道銘木市新着!!

1月27日 第462回 銘木市が開催されました。 出品量約2,412㎥、一昨年から続く木材不足・価格高騰の中開かれた1月市は年に一度出品される東京大学北海道演習林の良材を求めるため、全国的に爆弾低気圧による悪天候で交通網 […]

続きを読む
銘木市
第461回 北海道銘木市

冬山造材の最盛期を迎え、フレッシュな丸太が並びました。長びくウッドショックの中、特にナラ・タモ・カバなどの広葉樹はこの時期に丸太を集める事が必須であり、本州方面からも多くの買方様が入札に参加していました。 今回は北海道大 […]

続きを読む
銘木市
第460回 北海道銘木市

11月18日 第460回銘木市が開催されました。 この時期の開催市としては若干物足りない出品量706㎥ですが、高値を反映してナラが全体の約46%・323㎥(通常35%前後)の出品、メジロカバは約17%・123㎥(通常25 […]

続きを読む
銘木市
第459回 北海道銘木市

10月21日 第459回銘木市が開催されました。 時期的には夏の伐採の丸太も見受けられましたが、昨年から続くウッドショックに加え、この夏頃からは為替が円安に急激に振れ1ドル=150円を突破し、海外からの木材が大きく高値に […]

続きを読む
銘木市
第458回 北海道銘木市

9月16日 旭川林産協同組合 第458回銘木市が開催されました。 昨年から続くウッドショック、更に今年に入ってロシアのウクライナ侵攻により原木高と先行きの不透明感が増し、ここにきて大幅な円安への進向の中、昨年の2倍強の出 […]

続きを読む
銘木市
第457回 北海道銘木市

第457回銘木市が6月24日に行われました。 広葉樹造材の夏場集荷減少時期を迎え、出品数量約471㎥と若干物足りない出品となりました。 セン・カバ類・シナなどではカビや変色など夏期特有の欠点が発生している材もあり、買方の […]

続きを読む
銘木市
第456回 北海道銘木市

第456回 銘木市が5月27日に行われました。 出品量は前年同月より若干少ない約1160㎥で、冬山造材終了とともに一般並材中心の市でした。昨年から続くウッドショックの影響で原木不足の中、買気旺盛で高値での取引となりました […]

続きを読む
銘木市
第455回 北海道銘木市

4月22日 第455回 銘木市は、昨年から続くウッドショックで需給バランスが崩れ製材品の不足がおき、木材価格の高騰を招いています。 さらに今年2月にはロシアがウクライナに侵攻し国際社会はロシアに対して経済制裁を行う一方、 […]

続きを読む
銘木市
第454回 北海道銘木市

3月25日 第454回 銘木市は、昨年夏から続くウッドショックに加え、ロシア・ウクライナ情勢の悪化、ロシアに対する経済制裁の影響で輸入木材の先行き不透明で、今、手当てできる材を確実に入手したいとの思惑でこの高値取引きとな […]

続きを読む
銘木市
第453回 北海道銘木市

2月25日 第453回 銘木市は、冬山造材の最盛期を迎え、出品量約2,427㎥が第一展示場・第二展示場に並びました。 先週から続く大雪の影響で、札幌圏のJR運休や新千歳空港の全便欠航という悪条件の中、本州からの買方さんは […]

続きを読む